行政処分

飲酒運転による交通事故が相次いだことを受け、飲酒運転に対する処分は厳罰化が進んでいます。
行政処分も強化されており、アルコール濃度に関係なくアルコールの影響で正常な運転が出来ない状態である酒酔い運転に関しては、違反点数が35点となり、運転免許が取り消されます。また以後3年間は免許を受けることが出来なくなります。
女性運動12次に酒気帯び運転ですが、呼気中のアルコール同度が0.25mg/l以上の場合は、違反点数が25点となり、これも免許取り消しとなります。以後は2年間免許を受けることが出来ません。
呼気中アルコール濃度がが0.15mg/l以上で0.25mg/l未満の場合は、違反点数が13点で90日間の免許停止処分となります。ただし、前歴やその他の累積点がある場合は、さらに重たい処分が科せられることとなります。
これらの処分に加えて、飲酒運転には罰則も課せられています。
飲酒運転の程度に応じて、5年以下の懲役または100万円以下の罰金などがあり、またアルコールの提供者や同乗者には飲酒運転を幇助したとみなされた者に関しては3年以下の懲役または50万円以下の罰金となることがあります。
飲酒運転は自分だけではなく周囲の人も不幸にする可能性のある犯罪行為です。自分には関係のないことだと思わずに一人一人が意識を強く持ち、撲滅を目指していきましょう。