飲酒運転に対する処罰

日本では道路法において飲酒運転の処罰には2種類に分類しています。その1つが酒酔い運転です。酒酔い運転の場合はアルコール濃度の検知値は関係なくアルコールの影響により正常な運転ができない危険な状態だと判断されます。具体的には直線の上を真っ直ぐ歩いてふらつかないかどうか、視覚がちゃんと働い水泳01ているかどうかや運動および感覚機能がアルコールにより麻痺してないかどうかや言動などの認知能力の低下が見られないかが総合的に判断されます。軽度の場合の運転でも2009年の改正法案により免許の取り消しになります。また免許の欠格期間も増えました。5年以下の懲役または100万円以下の罰金になります。
もう一つが酒気帯び運転になります。酒気帯び運転は血中アルコール濃度または呼気中アルコール濃度が一定量に達しているか
どうかの形式的な基準で判断されます。運転手の体質によっては少しのお酒でも酒気帯び運転に該当してしまうこともあり、その場合は基本的に違法ではあるものの罰則規定はありません。酒気帯び運転は2002年では0.25mg以上で違反点数が13点とされていましたが、2009年に強化され0.15mg以上で違反点数13点0.25mg以上で違反点数25点となりました。罰則は3年以下の懲役または50万円以下の罰金になります。