社会的制裁

飲酒運転がもたらすものはスピード違反や注意力低下による信号や歩行者の見落とし、ハンドル操作のミスなど様々であり、最悪の場合、第三者を巻き込む重大事故を引き起こす危険性があります。
女性運動09また2006年に福岡で起きた飲酒運転事故以降、飲酒運転に関しては従来の刑事罰や行政処分だけでなく社会的制裁を受けることも一般的となってきました。
例えば、自治体や企業などでは飲酒運転をした職員や社員に対して、即座に懲戒免職や解雇処分を下すということも珍しくありません。
また実際に運転者ではなかったとしても、相手が後で運転をすることが分かったうえで飲酒の勧誘をしたり、飲酒していることを知ったうえで同乗したような場合でも、免職などの厳正な処分が行われることもあります。この場合、飲酒運転をほう助したとして道路交通法違反でも罰せられることとなります。
このような処分は、企業としてのイメージを守るためでもありますが、重たい処分を科せることで飲酒運転を防止することにも繋がっていくはずです。
このように現在は社会全体において、痛ましい事故を招きかねない飲酒運転の撲滅を目指しています。ちょっとしか飲んでいないから、すぐ近くだから、という安易な気持ちで飲酒運転をしないように心がけましょう。