酒気帯び運転

酒気帯び運転とは、呼気1リットル中のアルコール濃度が0.15ml以上0.25ml未満の状態で運転したすることを言います。また、呼気に含まれるアルコールや運転していた速度、車両によって点数が変わってきます。ちなみに最低でも付加される点数は13点となっています。一発で免許停止になってしまいます。ちなみに、この時速度超過や大型車、その他の違反をしていた場合さらに高い点数を付加されてしまいます。この卓球呼気で一番高い点数は酒気帯びに加えて無免許運転だった場合で23点となっています。さらに呼気アルコール濃度が0.25ml以上だった場合は一気に25点も付加されてしまいます。すなわち一発で免許取り消しになってしまいます。酒気帯びの上に酒酔い運転というものがありますが、これは呼気のアルコール濃度に関係なく飲酒により正常な運転が出来ない恐れがある状態を言うため、摘発された運転車の状態で判断されます。この場合の点数は35点と非常に高い点数となっています。また、罰則もそれぞれ他の交通違反と比べて非常に重いものになっています。酒気帯びで3年以下の懲役又は50万円以下の罰金となっており、酒酔いの場合は5年以下の懲役又は100万円以下の罰金となっています。ちなみに自転車を含む軽車両は酒気帯びの場合法律違反ではありますが、罰則はありません。しかし、酒酔い運転と判断された場合は自動車等と同じ罰則が適用されます。